具合悪そうに踊るあの人とぬるいビール

香り立つ香辛料と手提げ袋
アンケートで、「竜巻」について聞かれたら、あなたはなんと言う?「インストラクター」って、人それぞれで受け止め方が違うかもしれない。<ヘッダー>

自信を持って大声を出す兄弟と気の抜けたコーラ

レフも、実に夢中になってしまうけれど、それとは違ってハマると言えるくらい気に入っているのがトイカメだ。
3000円あればcheapなカメラが気軽に所有できるし、SDがあるならばPCですぐに再生できる。
現実味や、感動の瞬間をシャッターに収めたいなら、一眼レフがぴったりだと思う。
けれど、その場のおもむきや季節らしさを収める時には、トイカメラには他の何にも負けないと推測する。

泣きながら吠える弟とぬるいビール
晩酌などのお酒のおつまみには、そこそこ健康に良い物を!と思っている。
最近のおつまみは焼き葱。
もっと前は鯖。
それにも飽きて、直近ではウナギだけれど、高いのであきらめた。
昨日、新メニューを考案した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と醤油を適量使用し味を調えたもの。
大分価格はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

曇っている水曜の夕暮れは目を閉じて

元ブラビのビビアン・スーは、綺麗で才能ある人だ。
もう30代の終わりなんて、信じることが出来ない。
昔見た番組で、脳裏に焼き付いているのが、英語勉強中のビビアンがアメリカ人からのインタビューに答えていたところ。
まだまだ学び始めたばかりのようだったけれどとても努力が見られた。
現在は英語も日本語も、しっかり話せるんじゃないかと思う。
ビビアンの素敵さは目を見張る位である。

雨が上がった平日の夕方に食事を
OLだったころに、まったく辞めるチャンスがこなかった。
そこまで辞職したかったわけではないから。
仕事をする情熱がなかったのかもしれない。
面倒くさくなって、その日は、しっかり辞めさせてくださいと話した。
そんな日に何故か、いつもはちょっと仕事が細かいと印象を抱いていたKさんが、声をかけてきた。
会話の途中で、ほとんど事情を知る余地もないKさんが「今の仕事、大変だよね。だけど君はもう少し続くよ」という話をしてきた。
色々あったので泣き顔になった。
これも何かのきっかけだと思い、会社の帰りに、上司に退職を受理しないようにしてもらった。

雲の無い火曜の午前は窓から

名高いお寺さまであろう、法隆寺へ出向いた。
法隆寺式の伽藍配置もしっかり見せてもらい、五重塔、講堂も目にすることができた。
博物館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも少しだけ大きかった。
法隆寺に関して身につけるにはきっと、非常に多くの時間を要するのではないかと思う。

曇っている休日の夜に微笑んで
田舎に住んでいると、ネットショップでものがお手軽に購入できるようになったのが、とても助かる。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒だけしかなくて、品ぞろえもひどいから、購入したい雑誌も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりインターネットで買う方が簡単だ。
その理由は、書店に行くだけで原付で30分以上かかるからめっちゃめんどくさい。
オンラインショップに手慣れたら、なんでもオンラインショップで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価で、型番商品は絶対にネットショップ購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

喜んで吠える妹と俺

チカコが、アパートのベランダにて、トマトを作っている。
実ったらトマトソースを作る予定だという。
実際、しょっちゅう水も肥料もあげないし、すぐそばでたばこを吸うので、トマトの周りの空気はあまり良い環境ではない。
丸1日、何もあげてないという場合の、ミニトマトの見た目は、葉っぱがしょぼんとしていて、どことなくがっかりしているシルエットに見える。
かわいそうになったので、水と肥料をたくさんあげると、次の明け方のトマトは陽気に復活していた。

ぽかぽかした水曜の夕方に椅子に座る
いまどき珍しく、私の部屋は、クーラーも暖房器具も置いていない。
なので、扇風機と冷たいペットボトルをそばに置いて日々を過ごす。
先日、扇風機をどかそうと思い、弱にしたまま抱えてしまった。
すると、扇風機の歯が停止したので「どうしたんだろう」と思い,よく見た。
なんと、動きを止めているのは、正に自分の中指だった。
ゆっくり抜くと、また歯車は回転しだして、邪魔をしていたその指からは血がにじんできた。
痛みもなにも感じなかったが、しっかりしようと考えた。

月が見える大安の午後に散歩を

店内のお客さんは、ほぼ日本人という様子だったのでその光景にびっくりした。
そしてお客様は、だいたい日本からの観光客という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
なんでも、韓国コスメは肌に良い成分が豊富に含まれているとか。
もちろん、スキンケアにも興味はあったけれど、店の人の言語能力にも凄いと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私は、勉強した韓国語を使うチャンスだと思い向かった韓国旅行だけど、出る幕がないようだった。
会話の機会があれば、努力次第で外国語をマスターできるということを目にすることができた旅行だった。

一生懸命吠える弟と草原
最近、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を減らさないとと思い腹筋を頑張っている。
子供を自らのお腹にしがみつかせて数を数えながら筋トレをしたら、小さな子供との遊びにもなるし、わが子も数字を学ぶし、私のひどい脂肪もそぎ落とされるし、一挙両得だとばかり思っていたけれど、最初は、楽しんでいた2歳の娘も退屈なのか、やらなくなってしまった。

サイト内カテゴリ